プログラミングの悩み

【実体験】プログラミングが楽しすぎる理由4つ!辛いのは最初だけ!

悩む人
プログラミングが楽しすぎる!という人いるけど、何がそんなに楽しいの?

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • プログラミングが楽しすぎる理由
  • プログラミングは最初だけ辛い

本記事の信頼性

当サイト筆者は10社以上のスクールを体験しており、フリーでコーディングの案件も受注しています

 

正直、プログラミングは辛いこともあります。

が、それ以上に達成感もあり楽しいんですよね。さらに、その楽しさでお金が稼げたりもしますし。

 

そこで今回は「プログラミングが楽しすぎる理由」を実体験から徹底解説します。

 

記事後半では最初の辛い関門も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

プログラミングが楽しすぎる理由

結論、プログラミングが楽しすぎる理由は以下4つ。

  1. 成長を実感しやすい
  2. エラー解決の際に脳内物質が出る
  3. サービスなどを作れるようになる
  4. 人生の選択肢が増え余裕が生まれる

 

順番に解説しますね。

 

楽しすぎる理由:①成長を実感しやすい

プログラミングは成長を実感しやすいです。

とにかく新しい知識や単語がバンバン出てくるので、日に日に成長している実感を得れるんですよね。

 

この前に進んでいる感じが楽しいんです。出来ることも増えるので、自己肯定感が爆上がりしますよ。

 

楽しすぎる理由:②エラー解決の際に脳内物質が出る

エラー解決が出来た時はもはや脳内物質が出ます。

コードを書いていると1つの不備で動作しないことがあります。なので、どこがエラーかの解決をする必要があるんですよね。

 

その際、どの部分がエラーかを見つけ解決できると、途端にプログラムが動作するので、得も言われぬ快感を感じますよ。

 

本当にゲームに近い感覚ですね。爽快感のあるゲームをやっている感覚です。ゲーム好きの方ならハマるでしょう。

 

楽しすぎる理由:③サービスなどを作れるようになる

また、自分でサービスを作れるのも楽しい点。

プログラミングを学ぶと言語によりますが、大抵のサービスやアプリは自分で作れるようになります。

 

自作して広告を付ければ収益化も可能。アプリがヒットすれば、それで不労所得を獲得も出来てしまいます。

 

自分でサービスを作れるのも楽しいですし、作った結果稼げるかもしれないというワクワク感も堪らないですね。

 

楽しすぎる理由:④人生の選択肢が増え余裕が生まれる

プログラミングは非常に需要のあるスキル。

市場は「需要 > 供給」状態です。エンジニアの年収がコンサルより高いのはコレが理由ですしね。

 

つまり、選択肢が増えるわけです。エンジニアとして働く選択肢、フリーランスとして働く選択肢

 

さらには、完全在宅でリモートワークをする選択肢。スキルがあるからこそ選べる選択肢の幅が格段に広がりますよ。

 

関連記事【大学生向け】文系がプログラミングを学ぶメリットを実体験より解説

 

【悲報】プログラミングは最初だけ辛い

が、残念なお知らせもあります。

プログラミングは最初だけ辛いです。人によりますが、以下のような理由で苦しむ方が多いですね。

  1. エラー解決で躓く
  2. 何を言ってるか理解できない
  3. 独学だと最初は楽しみがない

 

順番に解説しますね。

 

最初だけ辛い理由:①エラー解決で躓く

最初はエラー解決が難しいです。

どこで間違えているのかが分からないんですよね。細か~い間違え探しをしている感覚です。

 

なので、「もうどこが間違えてるか分からん!」とプログラミング学習がイヤになってしまう方もいるのでしょう。

 

ただ、最近はエラー箇所を教えてくれる学習サービスがほとんどなので、実は大きな障壁にはなりません。

 

最初だけ辛い理由:②何を言ってるか理解できない

プログラミングは専門用語が多いです。

なので、慣れるまでは正直何を言ってるか分かりません。「オブジェクト指向??何じゃそりゃ」みたいな感じ。

 

ただ、専門用語に慣れれば実際はそんなに難しくはありません。プログラミングは最初に躓きやすいだけ。

 

分からない部分を調べて解決する能力はプログラミングの重要スキルなので、ここは慣れるしかありません。

 

最初だけ辛い理由:③独学だと最初は楽しみがない

プログラミングは独学だと孤独です。

最初はサービスやアプリも作れず、切磋琢磨する友人もおらず、強制力も働かず、モチベーション維持が難しいんですよね。

 

なので、本気で学ぶのであれば、最初だけでも良いのでプログラミングスクールに通ってみるのがおすすめ。

 

私はオンライン完結の「CodeCamp」に通いました。基礎スキルとやることが明確になるので良い選択だったと思います。

 

関連記事【感想】CodeCamp(コードキャンプ)のメリット&デメリット

 

プログラミングが楽しすぎる理由:まとめ

プログラミングが楽しすぎる理由

  • 成長を実感しやすい
  • エラー解決の際に脳内物質が出る
  • サービスなどを作れるようになる
  • 人生の選択肢が増え余裕が生まれる

 

プログラミングは非常に楽しいです。

その楽しいを追及するとスキルが身に付き仕事となり、好きなことで生きていけるようにもなります。

 

本当の意味で"自立"できるスキルなので、もしプログラミングの興味があればぜひ挑戦してみて下さい。

 

人気記事【体験談】CodeCamp(コードキャンプ)の評判&口コミは悪い?

 

-プログラミングの悩み